広島県立美術館託児・10月編②

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展、託児サービス二回目でした。会期も終盤になりますます来場者が増えて来ている印象でした。

今回は木馬グロリアには託児ルームでお留守番してもらい、身体を動かすおもちゃもご用意。これ楽しいんですよ。

アークレインボーでこんなオブジェを作ってみました。ちょっとしたバランスですが、できた時の美しさは感動。無限大にパターンが広がるおもちゃはお子様の可能性を引き出してくれます。

その昔、子どもだったベビーシッターのMもあれこれ遊び中。ダ・ヴィンチのような発想力があれば何倍にでも楽しめるおもちゃです。シッターMの頭、どんどん柔らかくなれ〜♪

すっかりおなじみになった美術館託児ですが、今年の託児サービスデーは今回まで。たくさんの想い出を作ることができました。

実は個人的に県立美術館には知り合いが勤務していまして、仕事中にバッタリ会うのも楽しみのひとつでした。

良い出会いをいただいたことに感謝いたします。次回また企画展にてたくさんのお子様とお会いできますように。

わっかを友だち追加

ライン公式アカウントへのお友達登録をお願いします。

【公式アカウントでできること】

・問い合わせ全般
・見学予約
・予約したい日の空き状況確認
・登録のお手続きのご案内
・予約の受付・キャンセルや変更

関連記事

  1. チャイルドマインダー 養成講座

  2. 託児ボランティアをします

  3. 託児のお子様の勧学祭

  4. 託児ルーム用の木箱 kibako

  5. 幼児安全法講習

  6. 命を考える研修会